About西成チャイルド・ケア・センター

  • HOME
  • 西成チャイルド・ケア・センター

私たちの想い

孤立したこどもが一人も
いない地域をつくる

西成チャイルド・ケア・センターは、家庭環境に問題を抱えるこどもが安心してすごすことのできる「居場所づくり」から始まりました。
その活動の中で、こどもが抱えるさまざまな問題に気づき、ひとつひとつに向き合ううちに、西成チャイルド・ケア・センターの活動内容も増えていきました。
すべての活動に共通している目的は、ひとりぼっちのこどもや孤立した家庭のない地域をつくること。
西成チャイルド・ケア・センターはこれからも、目的達成のために活動を続けていきます。

活動概要

  • にしなり☆こども食堂の開催

    にしなり☆こども食堂の開催

    いま日本には、課題を抱えている家庭・こどもが多く存在します。こどもが健全に育つために必要な「食」をつながりのキーワードに、食事だけでなく「居場所」を提供することを目的に活動しています。こどもだけでなく、親や家庭の問題に対して総合的な支援を行っています。

    もっと見る

  • こども食堂ネットワーク関西の運営

    にしなり★つながりの家の設立

    「約10年間、こども食堂を中心に活動を行い、100人以上のこどもとその家族に関わるなかで感じたのは、こどもの食だけでなく、こどもとその家族の暮らしをまるごと支えることの必要性です。
    どんなこどもも、そしてその家族も、この地域で人とつながり、将来に向けて、あたたかな日常を営めるのであってほしいと思っています。
    「にしなり★つながりの家」設立のために、ぜひお力を貸してください。

    もっと見る

  • 自然体験

    フードパントリー

    各家庭や企業から不要な食材を集めて必要な人に届ける、無料のスーパーのような活動です。

その他の活動

  • にしなり☆こども食堂の開催

    こども食堂ネットワーク関西の運営

    「にしなり☆こども食堂」の運営だけでなく、こども食堂という「居場所」を他地域にも拡大し、連携していきたいと思っています。各こども食堂同士での情報共有、こども食堂を開催したい人・支援したい人への情報提供を目的として、「こども食堂ネットワーク関西」を運営しています。

    もっと見る

  • 自然体験

    食育の一環として農業体験をしたり、泊まりでキャンプに出掛けたりと自然体験を定期的に行なっています

  • 小中学生への学習支援

    ボランティアの大学生が、こども食堂の前に宿題の添削やわからないところを教えてくれます。

  • 地域の各学校との連携

    地域の小中学校と連携して、防災教育・朝食提供(おにぎりデー)などの活動を行っています。

  • 啓発活動

    部落差別など、地域が抱える問題について講演会を開き、啓発活動に取り組んでいます。

  • 生活支援

    食品だけでなく生活必需品のご支援もたくさんいただくので、必要なこども・家庭に行き渡らせます。

これまでのあゆみ

  • 写真
  • 写真
  • 2010年
    2010年

  • 地域のこどもの「居場所」として
    スタートしました。

    2012年
    2012年

  • 「居場所」に来るこどもたちの中には食生活に問題のある子も多く、ケアの必要性を感じ「にしなり☆こども食堂」をオープンしました。

    2016年
    2016年

  • 関西各地にこども食堂が増え、そうした各食堂からの質問や相談を受けることが多くなったので「こども食堂ネットワーク関西」の運営を始めました。

    2017年
    2017年

  • 家に帰ることができず夜のまちに出て行くこども達と出会い、開催場所を現在のひらき住宅に移して本格的な活動がはじまりました。

    2019年
    2019年

  • こども食堂の活動を中心に、こどもたちを総合的にケアできるよう、これからも活動を続けていきます。

    2021年
    ????年

  • 食堂の枠をとびこえて、行き場のないこどもや親の居場所「こどもシェアハウス~にしなり★つながりの家」建設に向け奮闘中!

団体概要

代表挨拶

代表の思い

活動を行う西成区北西部地区は、さまざまな課題が山積みな地域です。しかし、そこで育つこどもたちは、生きる力を持ちたくさんの可能性を秘めています。 そういった地域で、こども食堂という「居場所」を創り、各家庭とつながりを深めることで、こどもの抱える問題の背景(本質)を捉えることができています。 こどもたちが、育った環境などに左右されずに、1人ひとりが未来を思い描き、夢をあきらめない社会を、今わたしたち大人が創る必要があります。 そのために、私たちはこども食堂の活動を中心として、さまざまな角度からこどもたちの育ちを、学校・地域と共に支えていきます。どうぞ温かいご支援、ご声援よろしくお願いします。

プロフィール

1966年 大阪市西成区生まれ
2001年 わが町にしなり子育てネットの子育て支援員就任
2007年 西成識字よみかき・日本語教室のコーディネーター就任
2010年 こどもの居場所「あそびの広場」を開設
2012年 「にしなり☆こども食堂」を開催開始
2016年 「こども食堂ネットワーク関西」立ち上げ、代表就任

西成チャイルドケアセンター 代表理事 川辺 康子

西成チャイルド・ケア・センター 代表理事

川辺 康子

理事紹介

副代表理事 岡野 百合乃

副代表理事岡野 百合乃

地域のこどもたちが元気に笑顔で育つことが地域の未来をつくります。一人でも多くのこどもたちが安心して過ごし、豊かな心を育むこと、また、地域の人々をつなぎ、規模は小さくても、みんなで少しずつ課題を解決していくことができればよいと思っています。

副代表理事 岡野 百合乃

理事辻 由起子

私一人のチカラで社会を変える事は出来ないけれど、目の前の一人を笑顔にすることは出来るかもしれない。目の前の一人が笑顔に変われば、未来がほんの少し変わるかもしれない。私一人のチカラは小さいけれど、仲間と手を取り合うことで、ぬくもりを何倍にも広げて、今よりもっと社会をやさしくしたいです。やさしく、そして強く、笑顔と命を守っていけますように。

概要

法人名 特定非営利活動法人 西成チャイルド・ケア・センター
設立 2017年12月27日     設立趣旨書(PDF) 定款(PDF) 事業計画書(PDF)
代表理事 川辺 康子
副代表理事 岡野 百合乃
理事 辻 由起子
監事 紺屋 茉央
アクセス

〒557-0022
大阪府大阪市西成区中開3-3 (ひらき住宅1-102)

受賞歴 2020年:公益財団法人社会貢献支援財団 第54回社会貢献者表彰
2019年:大阪商工信金社会貢献賞 地域貢献の部